上海市浦東新区華申路80号3幢7層
現在の場所:ホーム > 人力資源 > 職業発展

職業発展

  従業員の自己評価とは、従業員個人が自分の能力、趣味、気質、性格及び自分の職業発展の要求などに対し、分析・評価を行ない、自分に合った職業生涯目標と職業生涯発展の道を決めることを指す。

組織評価

  組織評価は、相応の情報を利用し、従業員の能力と潜在能力を客観的で公正的に評価するための行動である。これらの情報は、主に従業員への業績評価及び当該従業員の教育を受けた状況と今までの職歴などの記録から入手する。組織による従業員個人への評価は、普通、人力資源管理者と従業員の直属上司より共同して行われる。

職業情報の伝達

  従業員は現実的な職業発展目標を立てるには、獲得できる職業選択肢と職業発展機会を知り、組織の中の、職業選択、職業変動と欠員の職場などの情報を入手する必要がある。組織は、タイムリーに、従業員に対し、組織発展と従業員個人についての情報を提供し、職務昇進の機会と条件制限、パフォーマンス評価結果、研修機会などの情報を含み、組織のことを従業員に知らせ、従業員で自分の職業発展の道を選ぶことができるように助ける。

職業コンサルティング

  職業コンサルティングとは、職業計画過程中の各ステップの活動を統合することを指す。これは職業生涯発展過程に伴う、複数回或いは連続的なコンサルティング活動である。職業発展中に、昇進、引き抜き、職能転換、人間関係など、従業員で予測できない或いは面しなければならない難題がたくさん現れる可能性がある。職業コンサルティングで、従業員に職業発展中の困惑を解決し、従業員でかしこい選択をするために参考意見と決定支持を提供することができる。

職業進路の誘導

  職業進路の誘導を、正式と非正式の教育、訓練と仕事体験を含むシリーズの開発活動と定義することができる。これらの開発活動は、従業員がもっと高いレベルの職位につくのに有利である。職業進路の誘導により、組織の中の、従業員の可能な発展方向及び発展機会を明確にすることができ、組織の中の各従業員は、組織の職業進路に沿って職場を変えることができる。

24時間サービスホットライン:021-5869 6878
中航儲存易(上海)物流有限公司著作権
企業案内 | 地区及び価格 | 法律上の注意 | メッセージでフィードバック | 地上局のネットワーク図 沪ICP备13035914号-1